▼BC100頃〜BC44:ローマの政治家

ガイウス・ユリウス・カエサル(あるいはジュリアス=シーザー)って誰?と聞かれたら、どんな説明をするだろうか?
ローマ皇帝?一応間違いではあるが、似たようなものだ。ローマを仕切っていた元老院に対抗して、当時ときめく政治家三人(カエサル&ポンペイウス&クラッスス)を集めて三頭政治を開始、クラッスス死後元老院と手を結んだポンペイウスに戦いを挑んで勝利、晴れて終身独裁官1となるも、共和主義を重んずる一派によって暗殺される…というのが彼の人生のあらすじ。
彼の偉大な業績は、探せばいくらでもゴロゴロ出てくるんだけど、意外に知られていないのが『彼の悩み』。
カエサルは大変な“おしゃれさん”で、体中のムダ毛を丹念に引き抜かせ、体中に香油を塗りたくって、いつもぴかぴか光っていたという。しかも、ぴかぴか光っていたのは身体だけではない。頭までもが光っちゃってたのだ。但し、こちらは天然。彼を嫌っているローマ市民の間では『禿頭の大将』というアダナで呼ばれていたらしい。
可哀想なことに『彼の禿頭はしばしば彼を中傷するものの嘲笑の的となり、大いに彼を悩ました。そのため乏しい髪の毛を頭のてっぺんから櫛で前方に撫でおろしていた。そして元老院や民会の決議で彼に与えられたあらゆる名誉の中で、あらゆる場合に月桂冠をかぶる特権ほど喜んで受け、喜んで利用したものはなかった。』なんて記録まで残されてしまっているのだ。2
しかし、ハゲ隠しのために髪の毛をてっぺんから前方になで下ろす…彼が現代に生きていたら、ポマードを塗りたくってバーコードになりOLに嫌われるんだろうか、それとも“アデ○ンス”という素晴らしい発明に涙したんだろうか。ちょっと興味があるところだ。

  1. 共和制ローマでは、一人の人物に権力が集まりすぎないように、平時は2人の執政官が1年任期で最高政務官に就くことになっていた。非常時はそれだと効率が 悪いので、独裁官という1人の人物が権力を預かることになっていたんだけど、任期は半年。これを『終身』にしたことで、一応権力を握ったということにな る。ヒトラーみたいな“独裁”をしたわけじゃないのよ。 []
  2. スウェトニウス『神に祀られたユーリウス』にあるらしい。 []