1.統一への道のり
  BC8cころ四川に建国
  BC4c 孝公…商鞅(法家)の採用による法治主義
        什伍の制,郡県制などによる新しい政治
      →ぐんぐん強大化
  BC247 政(せい・13歳少年の名前)が即位
  BC221 戦国七雄の最後『斉』を征服、統一達成
  →始皇帝と改名・中国初の統一王朝成立
2.秦の政治
  ・徹底した中央集権体制
  ・言論,思想の統一 …統一にジャマな儒家を特に弾圧
  ・度量衡,貨幣,文字の統一
    →急激すぎる中央集権化への保守派(旧諸侯など)の反発
  ・北方遊牧民“匈奴”対策として討伐隊派遣
  ・万里の長城修築,阿房宮の建築などの土木工事
  ・華南,ヴェトナム北部征服
    →外征、土木工事による負担で民衆の反感
3.秦の滅亡
  BC210 始皇帝死去
 →陳勝・呉広の乱 ※中国史上初の農民反乱
  →これをキッカケに各地で反乱
   →だんだん反乱が集約
    →項羽(楚の武将) VS 劉邦(農民) BC206 秦を滅
          ↓BC202 垓下の戦い
     劉邦=高祖による漢王朝成立