[後漢]25〜220
1.建国・集権化 
  赤眉の乱に対抗するため、豪族が漢王朝再興に協力
  劉秀=光武帝
    27年 赤眉の乱を平定
    57年 奴国に印鑑をあげたりする
2.西域(中央アジア)経営積極策
  班超を西域の長官として派遣
    部下に対して「不入虎穴不得虎子」と名言を吐く
  甘英をローマへ派遣、ローマから「安敦」の使者到来
    →東西交流の活発化
3.問題
   >豪族の協力による建国→豪族勢力増大
   >幼帝の即位→宦官・外戚の横暴
  ↓政治混乱
 184 黄巾の乱
  ↓各地で反乱頻発・豪族が独立国化
 220 献帝、魏の曹丕に帝位を禅譲=後漢滅亡,魏晋南北朝時代