[魏晉南北朝時代]220〜589
【三国時代】220〜317 
  208年 赤壁の戦 …呉・蜀連合軍が魏に大勝利
             →三国鼎立状態
  蜀:四川,漢王室の末裔にして沓売りの劉備が建国
  呉:中国初の江南王朝,建国者は孫権
  魏:華北,曹操・曹丕父子,後漢献帝より帝位を禅譲される
     ※魏は有力国のため、内政改革をする余裕有り
       1.豪 族 対策…屯田制
       2.九品中正法…官僚選定の公正化を望む
     ※邪馬台国・卑弥呼より使者
       魏は邪馬台国を福建省の東方辺りと思いこみ、
       呉の挟撃に役立つと思って優遇?
   →263年、魏が蜀を滅
   →265年、将軍司馬炎のクーデターで魏が滅
 =晉(265〜316)の成立
   280年 呉を滅=中国統一成功
   が、時代と共に国力低下、異民族侵入、内乱で動揺
 →426年 匈奴中心の永嘉の乱で滅亡
     逃れた王族・司馬睿が東晉建国=南北朝時代突入