[隋]581〜618
【南北朝の統一】
北朝=異民族による集権化された皇帝権力
南朝=漢代までの中国の文化の保存
→統一により、強力な中央集権国家となる
内政諸制度の整備(北朝の中の良い制度を取捨選択)
etc.均田制(※奴卑・耕牛への給田は停止),租庸調制
科挙(学科試験による官吏登用制度)の開始
・煬帝(ようだい)の横暴
1.大運河の完成(万里の長城に匹敵する土木事業)
2.度重なる外征
※朝鮮半島へ3回遠征、しかも失敗
↓お金がかかる事業なので、重税がかかる
各地で反乱頻発
そんな中618年 煬帝死去
煬帝のイトコ・李淵が新王朝[唐]を建国=隋の滅亡