11Cよりトルコ民族がイスラムに大進出
:トルコ民族の機動力をアッバース朝が傭兵として利用
→各地で軍閥化して独立、一気にトルコ人王朝が増加
セルジューク朝 1038〜1194
中央アジアに1038建国、スンナ派国家
↓ ※当時はシーア派ブワイフ朝にカリフを握られている
1055 ブワイフ朝を倒し、バグダード入城
カリフより政治実権を付与される
※政治的指導者をこれより『スルタン』と称す
シリア、小アジア進出(ビザンツを圧迫)→十字軍の原因
第3代スルタン マリク=シャー
宰相  ニザーム=アルムルク
スンナ派神学奨励のため各地に学院設置・イスラム神学発展
マリク=シャー死後、各地に地方政権分立
1157 内紛で4王朝に分裂
1194 ホラズムにより滅