世界各地へモンゴル勢力が進出
●イスラム方面への進出=フラグ(チンギス=ハンの孫)
 1258 バグダード占領、アッバース朝滅亡、イル=ハン国成立
 カザン=ハンの時期にイスラム教国教化
       →イラン=イスラム文明の成熟
●中央アジアへの進出
 1227 チャガタイ=ハン国
  次第にイスラム化、1340 東西分裂、混乱・弱体化
 ↓ 混乱の中、独立
ティムール帝国(1370〜1507)
 当初よりモンゴル帝国とイスラム教の結合を目指して活動
  東西トルキスタン統一、イル=ハン国併合、インドへ侵入、
  オスマン朝に大勝利、マムルーク朝を降伏させる
       =西アジア大半を領有
    →次の目標を中国王朝「明(永楽帝時代)」へ!
       遠征途上、ティムール病死(1409)
 政権争いで次第に弱体化、分裂
    →1507 滅亡