▼1534〜82:戦国大名

織田信長(Illustration:国守)あだ名好き〜そこまで好きか〜 1560年駿河の今川義元を桶狭間の合戦で敗り、1562年三河の徳川家康と同盟、尾張国を統一。
 1567年斎藤氏を滅ぼし美濃をとると、翌年足利義昭(のち室町幕府15代将軍)を奉じて入京。
 義昭は将軍職に就いた後、信長と不和になりいろんな人に信長を倒すよう働きかけた。武田信玄、浅井長政、朝倉義景、比叡山延暦寺、本願寺、毛利氏などなど。しかしこの人たちのほとんどすべてが信長によって滅ぼされるか、痛い目に合わされるかしている。
 子供たちにはそれぞれ信長の名付けた幼名があるわけだが、由緒や格式を重んずる人が多いこの時代によくもまぁこんななまえを…というような幼名を持つものが多い。
 まず、実質的には正室といえる「吉乃」の子。
  嫡男信忠の幼名、奇妙。
  二男信雄は茶筅(ちゃせん)、
  長女徳姫が五徳。
  (火鉢でやかんを火にかけるとき台にする道具のこと)
 お鍋の子に至っては
  信高(七男)が小洞(小さな洞穴)、
  そして左の信吉(八男)が小杓(こしゃく)。
 まぁ、「五徳」には五つの徳を現す意味*もあるから一概にはおかしいとも言えないのだけど。
 ねぇ。子供心に傷ついたりしなかったのかしら。