▼1769〜1821:仏皇帝

ナポレオン・ボナパルト(Illustration:マスダ) フランスでは「N」といえばナポレオンを示すというくらい、とりあえず知らない人はいないと思われる人物。フランス国内の派閥策動による社会不安や欧州各国からの圧力で、フランス革命、というよりフランスそのものが危機に陥り、人々が「強力な指導者による秩序回復を期待」したとき、呼ばれて飛び出たのがこの人である。エジプト遠征の成功を背景に段階的に権力を掌握し、1804年には国民投票の圧倒的支持で『皇帝』に就任する。つまりナポレオンが革命を救い、同時に革命を終わらせたということになるのね。
 これだけ有名な人物なので、怪しい逸話も多い。うたた寝していたナポレオンの鼻先に部下が大好きなチーズを差し出したところジョゼフィーヌの臭いと勘違いした、とか。部下はそもそも何のためにナポレオンにチーズの臭いを嗅がせたのだろう?ナゾだ。
 現在まで根強いファンを獲得しているのが「ナポレオン暗殺説」。セント=ヘレナ島へ流刑となってそこで生涯を閉じた彼の髪の毛から砒素が見つかったことから「彼の復活を恐れた某国の差し金で、主治医に毒を盛らせたのだ!」とした主張デスね。しかしこの時代、砒素はまだ毒性が認識されておらず、染料として一般に使われていたりもした。特命リサーチ200Xによると「ナポレオンが流刑後暮らしていた家の壁から砒素が発見されており、自然にしみ出した砒素を、これまた自然に体内に取り込んでしまったのであろう」とのことだった。判ってみればつまんない話である。
 しかし、多分今後も「暗殺説」は消えないだろう。だってその方がドラマチックだし、何より「ナポレオン=ボナパルトっぽい」逸話であるような気がするからね。