▼1879〜1926:123代天皇

大正天皇(Illustration:国守)第123代天皇:在位1912〜1926、
お名前:嘉仁(よしひと)、称号(幼名):明宮(はるのみや)。
 生まれつき病弱のため、実際に政務を執ることはなあまりなかったようである。1921年皇太子裕仁(昭和天皇)を摂政に立てて、お仕事をするようになった。病気のせいでうまくお話しすることが出来なかったが、詩歌には優れていらしたらしい。
 左は国守の学友であるT女史と国守との会話の中に現れた一説である。T女史によれば詔勅をくるくると丸め侍従の頭を、ぽんぽん、とお戯れになったという噂があるとのこと。そして、更にこの後T女史の話は深まって行くわけだが、その辺は省くことにする。
 ちなみに、歴代天皇のご遺体は柩に収められ、八瀬童子と呼ばれる人たちによってかつがれ運ばれるらしいが、昭和天皇の時にはその依頼が来なかったそうな。(大正天皇のときは、115名選ばれた。)
 八瀬童子については国守の宿題としておこう。